お知らせ| 宮崎市大字恒久で歯科・歯医者をお探しの方はのがみ歯科クリニックまで

時間 日・祝
9:00~13:00
15:00~19:00
受付時間…診療終了の30分前で終了

〒880-0916
宮崎県宮崎市大字恒久5981番地

  • 予約優先
  • 各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー

歯の黄ばみについて

2019年1月25日

こんにちは^^

今日はよくある質問で、歯の黄ばみについてお話します。

 

主に歯の黄ばみの原因は、加齢のほか、食品や飲料に含まれる色素による着色汚れと言われています。

また、歯のミネラル成分が溶け出すことで、くすんで見えるようになることも関係しているそうです。

 

加齢によって象牙質そのものの色が濃くなっていくこともありますが、

歯が黄ばむ原因のひとつはステイン(着色汚れ)です。

毎日摂っている食べ物や飲み物、嗜好品の色素がエナメル質表面の膜と結びつき、

ステインとなって歯に付着、蓄積します。

 

ステインの元になるものは、

タバコ・ コーヒー、紅茶、ウーロン茶 ・ 赤ワイン、チョコレート、

グレープジュース 赤ワインはタンニンも含んでいる。

カレー粉、醤油、ケチャップ、ソースなど さまざまです。

 

では、着色がついてしまったら、どうするか?

歯科で専門の道具を使ったクリーニングを受けると、

セルフケアで落としきれない着色汚れや、歯垢、歯石がきれいに取れます。

虫歯や歯周病の予防にもなるので定期的に受けるのが理想的です。

薬の副作用による黄ばみや神経を取ったあとの黒ずみなどには、

薬剤を使ったホワイトニングや、白い被せ物などで歯を白くする審美治療などの方法があります。

セルフケアできる場合

日常の着色汚れは、歯みがき粉を利用し、毎日お手入れすることで落とすことができます。

外出先等で歯みがきができない時は、口をゆすぐだけでも効果があります。

 

汚れを落としても色が気になる!という方。。

ホワイトニング等もやっておりますので気軽にご相談ください^^

 

追伸

のがみ歯科も来月で開院から1年。。。

あけましておめでとうございます。

2019年1月7日

あけましておめでとうございます^^

 

体調崩しやすい季節ですね

手洗い、うがい、そして歯磨き!しっかり行って風邪やインフルエンザに

負けないようにしてくださいね^^

 

のがみ歯科は開業して来月で1年になります。

これからもアットホームな雰囲気で、丁寧な説明で安心して治療がうけられる

環境作りをしていきます。

2019年も、のがみ歯科をよろしくお願い致します。

 

院長、スタッフ一同、今年も元気に!お待ちしております^^

 

 

年末年始のお知らせ

2018年12月13日

こんにちは^^

 

寒さが増して、毎朝布団から出るのが億劫です。。^^;

さっそくですが、

のがみ歯科の年末年始の診療についてのお知らせです。

 

休診日は、

  12/29(土)~1/3日(木)で、お休みになります。

 

又、12/28(金)は午前中までの診療で、

1/4日(金)からは通常通り診療いたします。

 

連休明けは予約が大変込み合いますので、

事前に予約を取っていただくか先にお電話での確認、予約をお願いいたします。

年末に向けての歯の大掃除はお済みでしょうか?^^

是非お口の中をすっきりさせて年越ししませんか?

今年の汚れは今年のうちに。。。

 

 

 

ジングルベ~ル、ジングルベ~ル、スズが鳴る~♪

2018年11月30日

こんにちは^^

 

ハロウィンに引き続き、のがみ歯科がクリスマス仕様に・・・♪

クリスマスってワクワクしますね!

私たちもワクワクしながら飾り付けをしました。

 

なんといってもこの大きなツリー!!先生、スタッフ、こだわりましたよ~♪

 

夜はこんな感じで。。。

 

 

ツリーの足元にはプレゼントもいっぱいで、

来た子どもさんたちはウキウキしているようでした^^

 

 

 

チョコレートよりも虫歯になる?

2018年11月9日

こんにちは^^

今日は実は意外と知らないことについておはなしします!

 

甘いものをたくさん食べると虫歯になるとよく言いますよね。

確かに、チョコレートやキャラメルなど糖が多く粘着性が高いものだと

虫歯になりやすいです。

ですが、上手に食べればそれほど心配はいりません。

 

チョコレートより危険な「だらだら食べ」
唾液」の力によっておこなう再石灰化とは、酸性環境で歯の表面から溶け出してしまった

ミネラルが補充されて、歯が再生されることです。

それは食事と食事の間隔が長いほどしっかりと行なわれますが、

再生にかかる具体的な時間は、まだしっかりとしたエビデンスがありません。

 

チョコレートを食べても再生までの時間をしっかり与えれば、問題は起こりませんが、

食後の、口の中が酸性になる状態が、いつまでも続くような、

ジュースや甘い物、スナックなどの「だらだら食べ」は、歯に酸のダメージが蓄積されてしまいます。

しかもだらだら食べた後に歯磨きをすると、酸によって柔らかくなっている歯を

歯ブラシの毛先で傷をつけるトリプルパンチとなります。

これからの歯のケアは、目で確認できるプラークのほかに酸の影響もイメージすることをオススメします。

 

なかなか、お仕事や外出先で歯磨きができない時は、

水でぶくぶくうがいをするだけでもお口の中の酸性の状態が中和されやすくなるので

ぜひやってみてくださいね^^

ハロウィン仕様の、のがみ歯科♪

2018年10月17日

こんにちは^^

日中も寒くなってきましたね。体調崩さないようにしてください。

 

さて、今月末はハロウィン!!ということで、

のがみ歯科もハロウィン仕様になっています^^♪

 

いろ~んなところに、マスコットやシールが。。。

 

ひょっこり^^こんなとこにも!

 

皆さんいらっしゃったときは是非見つけてみてくださいね^^

 

 

子どもの歯、むし歯になりやすい場所

2018年9月26日

こんにちは^^

最近は朝晩涼しくなりましたね。

個人的に秋が一番好きです。

 

さっそくですが、今日は子どもの虫歯の特徴についてお話します。

年齢とともに、前歯、奥歯、おとなの歯、と歯が生えてきますよね^^

大きな目安として、年齢によって虫歯になりやすい場所があるのです。

 

1.2歳児の虫歯
1.2歳児の虫歯は、上の前歯の前後に発生することが多いです

歯が溶けた状態になり、進行すると神経に近いところまで広がり穴が開くことがあります。

授乳した状態で寝てしまうことが原因となるので、母乳虫歯、哺乳瓶虫歯ともよばれます。

 

2.3歳児の虫歯
2.3歳児の虫歯は、歯と歯の間や奥歯のかみ合わせの部分に発生することが多いです。

歯が溶け、ひどくなると歯が欠けボロボロになることもあります。

ダラダラと甘いジュースを飲んだりお菓子を食べたり

哺乳瓶で糖分の高いジュースを飲みながら寝ることなどが原因となります。

 

4.5歳児の虫歯

4.5歳児の虫歯は歯と歯茎の境目歯の裏側歯と歯の間奥歯とその前の歯の間に発生することが多いです。

ひどくなると黒い穴が開いて神経まで到達します。

飴やガム、チョコレートなどの甘いお菓子や、汚れが原因となります。

 

6歳前後の虫歯
6歳前後になると一番奥歯に生える6歳臼歯に虫歯が発生することが多いです。

6歳臼歯は出てきてから完全に生えるまでの時間が長く、柔らかい状態が続きます。

溝が複雑で深いため汚れがたまりやすく虫歯になりやすいのです。

 

お口の中の発達と、食べ物の変化によって虫歯になりやすい場所が

変わってくるようですね。

歯と歯の間なんかの虫歯は、なかなかおうちでは発見しにくいです。

歯が欠けたり、大きな穴が開いてから発見することが多いようです。

 

虫歯の早めの発見や磨き残しを見つけるためには、

日ごろから、子どもさんの歯磨きの後の仕上げ磨きを
しっかり行っていくといいですよ^^

もちろん、歯科医院での定期的なフッ素塗布や検診を行うと、よりいいです^^

 

追伸

週明けは台風が来るのか?心配ですね。。

 

 

9月になりました

2018年9月7日

こんにちは^^

 

最近夕方ごろの外の風が涼しく、秋の近づきを感じます。

のがみ歯科も開院してから半年以上経ちました。

半年たった今では、中のシステムも安定してきましたし、

患者さんも増え、忙しい毎日を送っております。ありがたいことですね^^

 

予防の面では、3か月ごとのメインテナンスにもしっかり来ていただける

患者さんも増えてきました。

お口の状態を撮影し、目で見てもらうようにしておりますので、

前来た時からのいろいろな変化等が

すごくわかりやすくなっていますよ^^

治療後半年以上経つ方は、ぜひ早めにお口の中チェックにいらしゃってくださいね!

 

 

追伸:

今月末はスタッフみんなで大分であるデンタルショーに参加予定です。

泊まりがけで研修ってなかなかないので、ちょっとワクワクします(笑)

 

 

 

お盆明けのご予約は

2018年8月16日

こんにちは^^

のがみ歯科は昨日までお休みをいただいていました。

スタッフみんなリフレッシュしましたので、今日からバリバリ動いております^^

お盆中皆様お変わりなかったでしょうか?

お盆明けは予約が込み合っておりますので、

何かお困りの方は、先にお電話をいただけると、あまりお待たせしないお時間で予約を取り、

スムーズに診ることができますので、来院の際はお電話お待ちしております。

TEL: 0985-74-8282

歯周病の治療、予防法は?

2018年7月30日

こんにちは^^

7月も残りわずかとなり、気温も高い日が続いていますね。

クーラーの効いてる室内で過ごしているので、

外に出ると一気に熱気が。。。

これから夏本番、熱中症や体調には気を付けないといけないです><

 

今日は、歯周病の治療予防をするには、どんなことをするのかお話しますね。

 

処置

ごく軽度の場合は、正しいブラッシングで改善することがあります。

みがき方のクセなどを踏まえた正しいみがき方、補助道具を用いてのブラッシング指導をします。

 

軽度歯周炎


顎の骨が上の方から溶けはじめた状態。

処置

歯に付着したプラーク・歯石を取り除くスケーリングという処置を行います。

 

中等度歯周炎


顎の骨が半分くらい溶けた状態。

処置

麻酔をしたうえで、歯周ポケットの深い部分に付着した歯石を掻き出します。

スケーリングで取りきれなかった歯石を取り除きます。

 

重度歯周炎

顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のぐらつきがひどくなります。

処置 
【フラップ手術】

歯ぐきを切開してめくり上げ、歯石を除去する外科手術を行います。

歯根部を露出させ、歯根表面にこびりつく歯石や汚染された歯周組織を取り除き、縫合します。

 

歯周病によってあごの骨(歯を支えている骨)が溶けると

その状態から骨が戻ることはほとんどありません

そのため、歯周病の予防をする、または、現時点での骨の状態を維持することが大切になってきます。

 

のがみ歯科では、歯周病の予防や骨の現状維持のために、

3か月に1度、歯ぐきの検査とクリーニング(歯石や着色、汚れ、菌の塊を除去)を

おすすめしています。歯磨きの苦手なところや癖なんかもわかってきます^^

少し早いな~と思う方もいらっしゃると思いますが

どうしても、3か月もすると歯石がついてきます。

歯石がついた状態では、すでに歯ぐきに炎症が起きている状態にあるんです。

足が重くなりがちな歯医者さんですが、、

お口の中の写真などでわかりやすく説明していきますので、痛みがなくても検診に来てみてください^^

 

追伸

先日、桃をいただいたんですが、すごく甘くて美味しかった~。。

そして今週はスタッフでビアガーデンです♪

暑さに負けずに頑張ります!!!

 

1 2 3 4 5
 
ページトップへ