お知らせ| 宮崎市大字恒久で歯科・歯医者をお探しの方はのがみ歯科クリニックまで

時間 日・祝
9:00~13:00
15:00~19:00
受付時間…診療終了の30分前で終了

〒880-0916
宮崎県宮崎市大字恒久5981番地

  • 予約優先
  • 各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー

年末年始のお知らせです

2019年12月23日

今年も残りわずかになりましたね。

皆さん風邪をひかれないように暖かくしてくださいね^^

 

のがみ歯科の 年末年始の診療日・休診日は、

 

12月28日(土)午後 ~ 1月3日(金)まで休診となりますが、

1月2日は休日当番医です。

1月4日(土)からは通常通り診療いたします。

 

今年も残り精一杯診療を行いますので、何かありましたら

お電話にてご連絡いただけると助かります。

 

知っていますか?口内炎

2019年12月9日

こんにちは^^

もうすぐクリスマスということで、のがみ歯科も

去年に引き続きおっきなツリーが登場しました♪

今日は口内炎について少しお話します。

 

まず、口内炎とは、

口の中の粘膜に炎症が起こった状態をいいます。

口内炎には多くの種類がありますが、最も多いのが

再発性アフタ」で、直径5ミリ程度の白い潰瘍が繰り返し起こるものをいいます。

 

口内炎の原因(大きくは2つ)

口の中の原因によるもの

・歯ブラシがぶつかる

・誤って噛んでしまう

・物理的な刺激・ウイルス・カビ

・細菌の感染・金属アレルギーなど

全身的な原因によるもの

・ビタミンC不足による栄養障害

・自己免疫異常の病気

・薬物アレルギー・胃腸障害など

 

口内炎になった場合、また、予防法として

酒やたばこなどの刺激物を控える

口の中を清潔にする

患部はできるだけ触らずに優しくブラッシングを行う

栄養バランスのよい食事を心がける

等のことに気をつけましょう。

 

1週間程度で自然と治るものがほとんどですが、

2週間以上経ってもよくならない場合

痛みがひどい場合

は、ほかの病気の可能性があるので診察を受けましょう。

初めまして!(^^)!

2019年9月2日

皆さん、初めまして(^^)

先日から、のがみ歯科に仲間入りさせて頂いた歯科助手の二見 智美です。

 

歯科の経験は初めてですが、今まで看護師としていろんな現場で働いてきました。

今回、縁あってのがみ歯科で働かせていただく事になりました。

まだまだ不慣れな部分も多く、ご迷惑をおかけすることもあるとは思いますが、今までの経験を活かし皆様が安心して治療を受けて頂けるよう、サポートさせて頂きます。

わんぱく男子2人を子育て中のママです!お子様連れでも安心して治療が受けれるように、お手伝いさせてください♪

 

どうぞよろしくお願いします(*^-^*)

最近の、のがみ歯科

2019年8月27日

こんにちは^^

夏ももう終わりに向かっているのか、、?

気温がだんだん下がってきましたね。

今年の、夏!!と感じる日が短かったと感じるのは私だけでしょうか?^^;

 

昨日から、のがみ歯科に新メンバーが入りました♪

歯科助手さんとしての仲間入りです^^

 

オープンからいるスタッフ3人だけでしたので、

初めて新しいスタッフさんが入り、緊張。。。(笑)

ですが、人数が増えるとにぎやかになりますね!

これから新たなのがみ歯科メンバーで頑張ります♪

 

その歯ブラシ、大丈夫ですか?

2019年7月8日

こんにちは^^

梅雨に入り、連日雨、雨、雨。

車の運転、特に日が暮れてからは注意しないといけませんね^^;

 

さて、みなさん今使っている歯ブラシの毛先の状態は大丈夫でしょうか?

いつから使っているものか分かりますか??

 

みなさん1、2か月、2,3か月で交換している方が多いみたいですが、

ハブラシの毛先が広がると歯にきちんと当たらず、汚れが落ちにくくなります。

 

新しい歯ブラシの汚れを落とす力を100%とした時に、

少し毛先が開いた歯ブラシが約80%、毛先が広がった歯ブラシが約60%

汚れの落ち方に変化があります。

 

しっかり時間をかけて磨いている!という方も、長く使っている歯ブラシでしたら

もしかしたらちゃんと磨けていないかもしれません。また、清掃効果が弱まって効率が悪くなりますね。

 

長い間使用していると毛に弾力がなくなり、汚れを落とす効果が弱まります。

1ヶ月に1本を目安に交換しましょう。

月が替わったら交換する、など決まりをつくるといいかもしれません^^

 

のがみ歯科でおススメしている歯ブラシはこちら

 

虫歯のリスクのある方向け と 歯周病のリスクがあり歯ぐきが弱ってる方向け

があり、一人ひとりにあった歯ブラシを選びおすすめしています。

 

これを機会にお家にある歯ブラシを見直してみませんか?

 

 

むし歯予防デー歯と口の健康週間

2019年6月5日

こんにちは^^

1日出遅れましたが、、、汗

6月4日は、「虫歯の日」ではなく、、

6月4日~10日までは虫歯予防デーになっています!

 

子供のむし歯、大人特有のむし歯があることをご存知でしたか?

 

大人むし歯とは

治療済みの歯にむし歯(虫歯)が再発する「再発むし歯」

ハグキ(歯茎)が下がった部分に生じる「根元むし歯」などがあります。

大人のむし歯は、痛みを感じにくいのが特徴で進行しても気づきにくく、

ズキズキと痛み出したときには神経まで虫歯菌に侵されていることが多いです。

 

治療済みの歯が再びむし歯になるケースは、歯の詰め物と歯のすき間の

目立たない場所に出来やすいうえ、すでに神経を取り除いていることが多く、

痛みがない為見落とされがちです。

 

子供むし歯とは

子供のむし歯が発生しやすいのは、前歯と奥歯です。

また、乳歯や生えかわって間もない永久歯はエナメル質が薄くやわらかいため、

むし歯が進行しやすいです。

 

ですが、子供の歯はむし歯になりやすい反面、

フッ化物による再石灰化が大人の歯よりも促進されやすいそうです。

また、フッ素は子供だけではなく、大人でもむし歯菌自体の活動を抑える上に

歯の質を強化する働きももっていて、むし歯予防に大変効果的な成分といえます。

 

大人も子どもも、フッ素をしっかり予防に取り入れて、歯の質を強化しておきましょう^^

のがみ歯科でも子どもさんから大人の方まで、フッ素塗布を行えます!!

そして、1度塗布したら終わりではなく、半年に一度の間隔での塗布をおすすめしております。

気になる方は気軽にスタッフに声をかけてくださいね♪

 

 

もうすぐ本格的な梅雨かな~・・・

そしてスタッフが楽しみにしてるビアガーデンの季節がやってきます^^;

 

 

ゴールデンウィークの休診日について

2019年4月22日

こんにちは^^

段々と暖かくなりましたね。日中は汗をかくぐらいです^^;

衣替えはもう済みましたか??

 

のがみ歯科クリニックのゴールデンウィーク期間中の休診日は、

4/28(日)~5/6(月)まで、となります。

4/27(土)は通常通りで午前中まで、5/7(火)は朝9:00からの診療です。

 

長期の連休となりますので、ゴールデンウィーク期間の前後は

予約が立て込んでおります。事前にお電話での確認をおすすめいたします。

 

のがみ歯科クリニック 0985-74-8282

 

 

なぜ甘いものはむしばになるの?

2019年3月27日

こんにちは^^

もう3月下旬、もうすぐ4月になります。

これから環境がかわるかたもいると思いますが、

季節の変わり目で体調をくずされないように^^

 

今日は素朴な疑問。。「甘いもの」はなぜ虫歯になるの?

みなさん子どものころに、甘いものを食べたら虫歯になるよ!と言われた記憶がありませんか・・?

簡単にお話しますね。

〇なぜ甘い物がむしばになるのか?

むしばは歯が脱灰されることから始まり、

その原因は酸を作り出す菌が、歯に付着する事から起こります。

その細菌の栄養源が糖類なのです。甘い物がその菌を繁殖させる要素になってしまうからです。

〇砂糖は絶対いけないか?

砂糖はむしばの大きな原因ですが、適度なものは必要なものだと思います。

問題はその摂取の方法にあるのです。

飴やガムなど口の中に長くとどまる食べ方ではむしばは多くなりますが、

同量の砂糖をふくんだ食事では増えにくいと言われています。

むしばの発生しやすさは、食べる時間や食品の形や質が大きく関係しています。

もし、子どもさんが甘いものを食べるのが気になるようであれば、

歯につきやすい粘着性のお菓子はさけるようにすると良いです。

 

甘いものがしみる等の症状がでたときは、もしかしたら虫歯になっている可能性が

あります。気のせいかな?と思わずに歯科医院でみてもらいましょう^^

 

口腔がんについて

2019年3月1日

こんにちは。

ついこの間、2月に入ったと思っていたのにあっという間に3月になってしまいました。

3月といえば別れの季節ではありますが、新たな年度への準備期間でもあります。

4月から新しい環境に変わる方もたくさんおられるでしょう。仕事、学業に支障をきたさぬよう、

お口のケアも一度されてはいかがでしょうか?

さて、今日は最近話題になっております『口腔がん』について少しお話をしようかと思います。

口腔がんとは口の中にできる『がん』の総称であり、歯ぐきに出来るものを『歯肉がん』、

舌に出来るものを『舌がん』、ほっぺたの粘膜に出来るものを『頬粘膜がん』といい、いろいろな部位に

発生します。中でも舌に発生するものが多く、口内炎だろうと自己判断し、放置して悪化するケースが

あります。

好発年齢は50代60代70代が多いですが、稀に20代、30代の若い年齢層にも発生することが

あるので注意が必要です。大切なことは口内炎だからと軽く見ずに、しっかり歯医者さんを受診して

診察してもらう事。必要があれば検査をする事も可能です。

 

当院では『口腔がん』を疑う患者さんには口腔細胞診を行っております。なかなか治らない口内炎の細胞を

めん棒などでぬぐう簡単な検査です。

ご不安な方は一度スタッフ、院長にご相談ください。

開院1周年のご挨拶

2019年2月7日

こんにちは^^

 

のがみ歯科クリニックは、本日2月7日で1周年を迎えることができました。

開院当初は、不慣れなことも多くありましたが、

今では基盤となるのがみ歯科のカタチができたのではないかと思います。

スタッフ一同新たな決意で邁進いたします。

これから末永く宜しくお願い致します。

 

開院2年目も頑張るぞ~^^

 

 

1 2 3 4 5
 
ページトップへ