お知らせ| 宮崎市大字恒久で歯科・歯医者をお探しの方はのがみ歯科クリニックまで

時間 日・祝
9:00~13:00
15:00~19:00
受付時間…診療終了の30分前で終了

〒880-0916
宮崎県宮崎市大字恒久5981番地

  • 予約優先
  • 各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー

赤ちゃんからのハミガキ習慣

2020年8月18日

こんにちは。

まだまだ暑い日が続きます。熱中症に気を付けてこまめに水分補給を行ってくださいね!

さて、今日は「赤ちゃんからの歯磨きの習慣」をお話します。

赤ちゃんの頃(0才代)の歯磨きは、習慣づけを目的に行いましょう!

歯磨きを嫌がることに焦らなくて大丈夫ですよ^^

1才を過ぎて大人の真似をしたがるようになったら、子ども用のブラシを

渡してあげてください。

一人ではちゃんと磨けないので”最後は必ず”大人が仕上げ磨きをします。

嫌がるときはササっと手早く済ませてOKです!

 

〇離乳食が始まったら・・

離乳食が始まったら食後に白湯やお茶を飲ませて口の中のかすを洗い流します。

まだ歯が生えてなくても、習慣づけを。

 

〇歯が生えてきたら・・

ガーゼで歯ぐきをふくようにしてキレイにしてあげてください!

赤ちゃんが怖がらないように、ママはニコニコ顔で!

 

〇前歯が生えそろったら・・

そろそろ歯ブラシを覚えさせましょう

乳幼児の歯ブラシを使って、必ず大人が仕上げ磨きをしてあげます。

優しく声がけをして、楽しい雰囲気をつくりましょう!

 

〇奥歯が生えてきたら・・

引き続き仕上げ磨きが必要です。ゴシゴシは禁物ですが、奥歯が生えてきたら

しっかり磨いてあげるようにしましょう。

奥歯が詰まって虫歯になりやすいので

歯の間に子ども用のフロスを通してあげるといいです。

 

〇2才を過ぎたら・・

食後に”ブクブク”の練習を。

2才を過ぎると、コップの水で口をゆすげる子が増えてきます。

最初はペッと吐き出すだけなので、大人が「ブクブク」とお手本を見せ、練習してみてください。

 

 

歯の神経を取ったのに痛みが出る?

2020年7月16日

むし歯で歯の神経を取ったのに、

歯に痛みがでた!なぜ?と、そんな経験をしたことがある方もいると思います・・・

 

”神経を取る治療(根管治療)”は、根の周囲に刺激が加わるため

治療後しばらく痛むことがあります。

また、こういったことも考えられます。

〇細菌が残っている・・・根の中のカタチは複雑で細菌が取り切れないことがある。

〇新しい菌の侵入・・・詰め物や被せものが緩むと隙間から新たに細菌が入ることがある。

〇歯髄が残ってる・・・根の先端は非常に細くまれに残った神経が痛みの原因になる。

〇歯が割れた・・・神経を取った歯は加齢とともに割れやすく、そこから感染が生じることもある。

〇神経の問題かも・・・歯の周囲の神経や痛みを判断する脳内に問題を生じ痛みを感じる場合がある。

 

こういった痛みを感じるときは、不安にならず症状をご相談くださいね。

そして、根管治療は治療回数が多くかかる治療です。

痛みがなくなったからといって途中でやめてしまうと、感染を起こす可能性が高いです。

根管治療を行っている方は根気強くしっかり治療に通いましょう。

妊娠と歯科治療

2020年6月12日

こんにちは^^

最近梅雨入りして雨の日が多いですが、

のがみ歯科はスタッフみんな元気に診療しております^^

 

さて、今日は”妊娠と歯科治療”について・・

 

妊娠すると栄養がお腹の子に取られるから歯がボロボロになるという話を聞いたことがあると思います。

実はそれは間違いで、長い間、口の中の環境が悪くなることが原因です。

原因として、

①ホルモンのバランスが変化する

②歯磨きがおろそかになりやすい(つわり)

③唾液の酸性化

④食事や間食回数の増加(食べ物の好みの変化)

⑤情緒の不安定

⑥歯科治療を敬遠する

 

妊娠・出産育児という女性にとっての生活は、歯や口の病気の発生や進行を

気づかぬ間に許してしまう時期にあります。

 

妊娠時の歯磨きは大切ですが、つわりがひどいときには

①体調の良いときに

②奥から前へかきだすように

③顔を下に向けて ④臭いのつよい歯磨き剤を大量に使わず

⑤歯ブラシは小さめのものを使う 等に気を付けてみましょう。

 

母子手帳交付の時の歯科検診で虫歯や歯肉炎を指摘されたときには

必ず歯科医院を受診してください。

 

出産してもすぐに治療をすることは難しいと思われますので、

虫歯も小さいうちに治療しておくことをお勧めします。

子どもさんの虫歯予防について

2020年5月11日

こんにちは。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

今日はおとなの歯が生えてくる頃の

お子さんの虫歯予防について、お話します^^

 

 

 

生えそろった乳歯の一番奥に永久歯(第一大臼歯)が生えてきます。

永久歯は一生使っていくので、できるだけ虫歯になりたくないですよね。

6歳ごろ生えてくる永久歯の奥歯(第一大臼歯)は「6歳臼歯」とも言われています。

 

6歳臼歯は溝が深く、でこぼこしているため歯磨きをしても

食べかすが残りやすいです。

 

また、生えそろった乳歯の一番奥に萌出してくるため磨きづらく、

完全に萌出する前に虫歯になるお子さんが多いんです(><;)

 

 

生えた直後のおとなの歯は柔らかいのでそのまま放っておくとすぐ虫歯になってしまいます。

 

 

のがみ歯科では、そんな子どもさんの虫歯の予防処置として「シーラント」を行っています。

「シーラント」とは、

虫歯になっていない奥歯の細かい溝に、レジン(プラスチック のような樹脂)を

コーティングし、食べかすなどの汚れの侵入を防ぎ、虫歯になりにくくする処置のことです。

シーラントと同じく、虫歯菌の働きを弱めて歯を強くするフッ素塗布を定期的にすることで

むし歯になりにくくなり、とても効果的です。

 

 

シーラントは永久的なものではないので、定期健診・フッ素塗布を行う際に

欠けたりはがれていないか、しっかりチェックを行いましょう^^

 

 

はじめまして^^

2020年4月20日

皆さん、はじめまして!

四月からのがみ歯科に仲間入りさせて頂いた佐藤 日向子です。

今年、無事に歯科衛生士の学校を卒業し、こちらで働かせていただく事になりました。

まだまだできないことが多く、毎日勉強の日々ですが、皆様に信頼していただけるように頑張っていきます!

よろしくお願いします(^^♪

 

新型コロナウィルス感染に対する対策について

2020年4月4日

新型コロナウイルスの感染ルートは2つとされています。

1つは咳やくしゃみなどで飛び散ったウイルスを含む唾など(飛沫)を吸い込む「飛沫感染」

もう1つは、感染者のウイルスが付着した物を手で触り、

その手で口や鼻の周辺や目を触るなどして体内にウイルスが入り込む「接触感染」

長時間空気中を漂ったウイルスを吸い込むことで感染する

「空気感染」はないとされています。

 

当院では、スタッフの朝の検温、こまめな換気をし

患者様が使用するチェアー、うがい用台については治療終了ごとに

消毒、アルコール除菌を行っています。

また、使用機材につきましては、パック→滅菌処理を行い、

患者様ごとのグローブの交換を徹底しておりますのでご安心ください。

 

〇 のがみ歯科からのお願い 〇

待合室の混雑を避けるために、ご予約はあらかじめ前もってしていただきますようお願いいたします。

予約当日の発熱や咳など、少しでも体調の変化がある方につきましては

受診を控えていただくようお願いします。

また、最近ののがみ歯科の予約状況として近日のご予約が大変難しくなっております。

前もってのご予約なしでやむを得ず当日受診をご希望の方は

極力院内でお待ちいただく時間が短い時間帯をご指定いたしますので

先にお電話にてご連絡をお願いします。

 

 

そうだったの?歯ぎしりについて

2020年3月9日

こんにちは^^

最近ニュースでたくさん目にする新型の感染症が心配ですね、、

スーパーでもマスクや消毒類が品薄状態でよく見かけます。

早めの終息を祈るばかりです。

 

さて、話は変わりますが今日は歯ぎしりについてお話します。

歯ぎしりとは、単に歯をギリギリすることだけではないことをご存知ですか?

 

歯ぎしりは歯のこすり方によって3種類あるんです

①グラインディング

上下の歯をギシギシとこすり合わせる一般的なタイプ

②クレンチング

無意識に歯を強く咬みしめたり、くいしばるタイプ

③タッピング

歯を素早くカチカチと合わせるタイプ

 

〇歯ぎしりによっておこる症状

・歯のすり減り・・・病的にすり減り、冷たい水がしみる知覚過敏になることも

・歯周病の進行・・・歯に大きな力が加わり、歯周病を進行させ歯の寿命を縮めることも

・顎関節症など・・・あごに大きな負担がかかり顎関節症や全身の不調につながることも(頭痛、めまい等)

 

良く行われる治療として、寝ているときに行っている歯ぎしり等には

マウスピースを使った治療が行われます。

歯ぎしり自体は止めることが難しい為に、マウスピースを

入れることにより歯がすり減ることを抑制できます。

また、日常無意識に歯を食いしばっていることに気づいたら、その時点で

口回りの力をフッと抜いてみてくださいね。

 

 

 

今年は咲きました!!

2020年1月29日

 

のがみ歯科の梅の花が今年は綺麗に咲きそうです^^

 

 

撮影日は曇り空で、まだ咲き始めたばかりですが、

去年に比べてたくさん蕾をつけていました。

 

梅の木が真正面に見えるお部屋がありますので、

梅の花が咲いてる間に

その部屋になったらラッキーですね^^

 

 

もしも唾液が減ったら?

2020年1月20日

こんにちは^^

みなさん風邪などひかれていませんか?

手洗い・うがい、しっかり行いましょうね^^

 

さて、今日は唾液について。

唾液にはいろんな作用があるのをご存知ですか?

 

例えばお口の中の悪い細菌をやっつけたり、虫歯菌が出した酸を中和する働きや、

歯から溶け出すミネラル成分を歯に戻し再石灰化する働きなどたくさんあります。

 

そんな唾液が減るとどうなるのか。

 

虫歯菌が増える

歯を守る効果が薄れ、虫歯が進みやすくなります

歯周病が進む

抗菌作用が低下すると毒素の強い歯周病菌が増殖します

カビがはえる原因の一つ

もともとお口の中に存在するカンジダ菌というカビの一種が繁殖、

歯ぐきの痛みやピリピリ感が出やすくなる

口内炎ができる

唾液が減ると舌や口の中の粘膜に傷がつきやすくなり、口内炎になりやすい

口臭が強くなる

口の中には細菌が多いので、唾液の殺菌作用が薄れると細菌が増え口臭が強くなります

 

唾液の減少によってお口の中の乾燥が気になるときは、頻繫にうがいをしたり

お口の保湿ジェル、保湿用スプレー等を用いたりしてみてください。

又、唾液腺マッサージも効果的なので行ってみるとよいです。

今年もよろしくお願い致します

2020年1月7日

 

新年あけましておめでとうございます。

昨年に引き続き2020年も、のがみ歯科クリニックをよろしくお願い致します。

 

 

 

 

1 2 3 4 5
 
ページトップへ